「第1回横浜赤レンガランニングフェスティバル」開催レポート


11月19日(土)、横浜の赤レンガ倉庫にて『第1回横浜赤レンガランニングフェスティバル』を開催いたしました。午前に個人種目の1kmのFUNラン・4km走・10km走・20km走が、そして午後には団体種目の1km親子ペアラン・ハーフリレー・フルリレーが行われ、子どもから大人まで幅広いランナーにお集まりいただきました。初開催となる本大会、どのような大会になったのかレポートをお届けします。

■あいにくの雨天で受付には長蛇の列 

%e6%89%8b%e8%8d%b7%e7%89%a9%e5%8f%97%e4%bb%98%e3%81%ae%e9%95%b7%e3%81%84%e5%88%97%ef%bc%91

大会当日、横浜はあいにくの雨模様。時間が近づくにつれて、傘をさしたランナーの皆さまが続々と会場に訪れます。寒空の下、スタッフも雨に負けず対応させていただきましたが、受付や荷物預かり所には長蛇の列が。悪天候にもかかわらずお集まりくださったことへ感謝すると共に、寒い中を長らくお待たせしてしまったことお詫び申し上げます。

dsc_0035

開会式が始まると、ランナーの皆さんは雨具が傘からカッパへ。代表者からのご挨拶などを終えて記念撮影を行い、いよいよ競技へと移ります。

■午前の部

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%94

まず競技は『1kmFUNラン』から。受付等の混雑もあり、予定より遅れてのスタート。寒さに負けないやる気が、スタート時から伝わってきました。

dsc_0044

1kmFUNランは小学生から参加できることもあり、子どもたちが懸命に走る姿はとても印象的です。コース横からは、他部門に出走する方々からも「がんばれー!」と声援が送られていました。

dsc_0064

続いて4km・10km・20kmの部は一斉にスタート!海に面したコースを、皆さん思い思いのペースで駆け抜けます。コースは1周2km、部門によって周回数が異なります。やがて雨が止みますが、コース上には水たまりが。皆さん、足元に注意を払いながら走っていきます。

ランドマークタワーの頂上が、雲に隠れて見られなかったのは残念。しかし時間とともに変化する横浜港の姿は、ランナーにとっても見ていて楽しみとなったようです。拡声器を使いながら海上パトロールする警備艇が横ぎれば、今度は横浜港の要所をつなぐシーバスが到着。そしてシーバスが出港すると、対岸に巨大なクルーズ船が入港するなど。横浜港の雰囲気を走りながら味わえたのではないでしょうか。

■午後の部

<1km親子ペアラン>

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e7%9b%b4%e5%be%8c%ef%bc%97

午後は、まず『1km親子ペアラン』からスタート。たくさんの親子が手を繋ぎ、元気にコースへと飛び出していきました。全力疾走する親子がいると思えば、転んで大泣きしながら「ママー!ママー!」と泣き叫ぶ子も•••。しかし周囲からたくさん声援を受けつつ、懸命にゴールを目指して走ります。

親子で一生懸命に走る姿はとても微笑ましく、見知らぬ相手でも「がんばれ!」と声をかけたくなってしまいます。1kmという距離を通じて、親子の絆もより一層深まったのではないでしょうか。

<リレー部門>

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e7%9b%b4%e5%be%8c%ef%bc%91

親子ペアランが終わる頃、少し離れた場所に大勢の人々が集まり始めていました。いよいよ本大会の最終種目『ハーフ・フレー』のスタートです。仲間と一緒に繋ぐタスキを身につけ、第1走者が一斉に走り始めました。リレー部門では誰が何km走っても構わないため、皆さんいきなりの全力疾走です。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e5%9c%b0%e7%82%b9%ef%bc%92

リレー部門は複数名のチーム制のため、常にタスキの受け渡しゾーンでは仲間からの声援が飛び交います。そこには懸命さと共に、たくさんの笑顔がありました。トップを狙うチームがあれば、仲間でワイワイ楽しそうに走るチームも。リレーには、チームだからこそそれぞれの楽しみ方があるのですね。

なお、各種目の結果はこちらの専用ページからご覧頂けます。初開催、天候の影響などで思うように進行できないシーンもございました。しかし皆さまからのご理解のお陰で、誰もが怪我なく、楽しんでレースを走りきれたのではないかと思います。さらに改善を加え、第2回・第3回と開催できるよう努めてまいりますので、是非とも次回ご参加をご検討ください。ご参加いただいたランナーの皆さま、お足元の悪い中にも関わらず誠にありがとうございました。

(文/三河 賢文)