「横浜バレンタイン・ランニング祭り2016」開催レポート


2016 年2 月14 日(日)、神奈川県の根岸森林公園にて「横浜バレンタイン・ランニング祭り2016」を開催いたしました。悪天候が心配される中、開催時刻が近づくにつれて雨が止み、スタート時点で空は晴天。大勢の参加者にお集まりいただき、盛況のうちに開催することができました。

「1.3km 親子ペアラン」「2.6km 男女ペアリレーマラソン」「ハーフリレーマラソン」という3 種目で開催された本大会。その様子についてレポートをお届けします。今回ご参加頂いた方はもちろん、次回参加を検討されている方も是非ご覧ください。

■少しずつ天気が回復する中、続々と集まる参加者の皆さま


朝の時点ではあいにくの雨模様。風が強く吹き荒れる中、それでも根岸森林公園には多くの皆さまがお集まりくださりました。気温が高かったこともあり、T シャツなど軽装で訪れる方が多かったようです。多くの方々がレストハウス内、また園内の木陰など雨の当たらない場所で、スタートまでの時間を過ごされていました。


バレンタインデーということもあり、男女ペアリレーに参加される仲の良いカップルの姿も。
特別な1 日を本大会でお過ごしいただけたこと、心から嬉しく感じます。


ご夫婦でしょうか。服装は完全なるアスリートですが、お揃いのT シャツでご参加くださりました。幸せなお二人の姿を見て、私たちスタッフも心が温まります。


雨が上がり始めると、チラホラ試走される方々も。皆さん気合十分!ですね。早くも太陽が顔を覗かせる場面もあり、日が当たると汗ばむほど。レース中は最高のコンディションになる予感がします。


レース前は、フィットネストレーナーの藁谷による準備運動。広い芝生のうえで、皆さん身体を温めていきます。今回は未就学児が参加できる「親子ペアラン」もあり、小さなお子さんの姿もたくさん。一生懸命に親子で体操する姿は、本当に微笑ましいですね。

準備運動が終われば、いよいよスタートです!

■緑あふれる起伏に富んだコース


根岸森林公園はその名の通り、緑に溢れた非常に心地よい公園です。コースはすべて舗装路ですが、その脇にはたくさんの木々が生い茂ります。中にはテントを張り、外で日向ぼっこする方も。空気が澄んだ園内は、そこにいるだけで爽やかな気分にしてくれるようです。


コースは起伏に富み、各所に設けられたアップダウンが参加者を苦しめます。一筋縄ではいかないコース、きっと走り甲斐があったのではないでしょうか。ハーフリレーで上位を狙う方々には、このアップダウンを戦略的に使って追い抜きをかける姿も。


私も実際に「親子ペアラン」へ参加しましたが、上り坂はなかなかハードでした。ペースダウンしながらも懸命に走る子どもの姿は、自分の子でなくとも「頑張れ!」と声を掛けてしまいます。


1周1.3km のコース。タスキの受け渡し所付近には、常に多くの参加者が集まっています。チームはもちろん皆さん応援し合い、周回毎にその声援が背中を後押ししてくれるかのようです。
その声は、少し離れた場所からでも耳に届きました。

■白熱のレース!結果は…


最初に親子ペアラン、次に男女ペアリレー、そして最後はハーフリレー。同時スタートのため、種目毎に次々と参加者がゴールへと訪れます。やはり一番の盛り上がりは1 周目でしょうか。参加者全員が、一気にコースを駆け抜けます。


声を掛け合い、励まし合いながら走るリレーマラソン。中には、「タスキなんて始めて持った」という方もいらっしゃったことでしょう。


レース終盤に差し掛かると、増え始める参加者同士のデッドヒート!すでに何周もしているはずのランナーが、まるで今レースが始まったかのような勢いで走ります。これこそ、チームで休憩しながら走れるリレーマラソンの醍醐味ですね。
先に走り終えた「親子ペアラン」「男女ペアリレー」の参加者も、多くが園内でその模様を見守っていました。さぁ、果たして結果はどのようになったのでしょうか!?


ハーフリレーマラソンは、男性のみで構成されたチーム「ロマンスの神様」が1 位!おめでとうございます!1 時間16 分36 分という好タイムでした。疲れながらも、表彰式では笑顔を見せてくれるナイスガイの皆さんです。

その他の結果は以下の通り。しかし上位入賞者だけでなく、きっと全員が力の限り走り、そして楽しんでいただけたことと思います。

<1.3km 親子ペアラン>
1 位:橋本 健太郎 様/橋本 新汰 様(6 分18 秒)
2 位:佐俣 博昭 様/佐俣 良成 様(6 分31 秒)
3 位:上地 康平 様/上地 陽大 様(6 分53 秒)

<2.6km 男女ペアリレーマラソン>
1 位:「POOH」(8 分29 秒)
2 位:「獺と小猿」(8 分46 秒)
3 位:「チーム花影」(9 分59 秒)

<ハーフリレーマラソン>
◎一般チーム
1 位:「ロマンスの神様」(1 時間16 分36 秒)※総合1 位
2 位:「飛んで火にいる夏の虫」(1 時間16 分45 秒)※総合2 位
3 位:「さとしくん1 号」(1 時間38 分58 秒)
◎混成チーム
1 位:「JUNO」(1 時間24 分02 秒)
2 位:「文教大学学園駅伝部」(1 時間30 分03 秒)
3 位:「nature runners」(1 時間35 分56 秒)
◎会社・職場チーム
1 位:「かもめ走遊会」(1 時間32 分11 秒)
2 位:「ES3」(1 時間43 分46 秒)
3 位:「A チーム」(1 時間44 分00 秒)
◎ファミリーチーム
1 位:「チームしろくま」(1 時間20 分51 秒)※総合3 位
2 位:「カツヘビ」(1 時間24 分01 秒)
3 位:「Naka-Muller」(1 時間41 分14 秒)

■レース後のお楽しみ


バレンタインデーということで、完走後にはチョコレートやチョコパンもご用意しました。疲れた後の軽食、皆さん会話を楽しみながら食べていたようです。


親子ペアランを終え、園内で写真を撮ったり、遊んだりするご家族の姿も。広々とした根岸森林公園で、思い思いの時間を過ごされています。


完走証のほか、「親子ペアラン」を完走したお子さんには“金メダル”!未就学児ということで、初めての金メダルという方もいたようです。頑張ったからこそ、受け取った金メダルには満面の笑みがこぼれていますね!きっとお子さんにとって、素晴らしい思い出になったことでしょう。

—————————————————————————–
<参加者数>
・1.3km 親子ペアラン:24 組
・2.6km 男女ペアリレーマラソン:14 組
・ハーフリレーマラソン:31 組
お陰さまで、「横浜バレンタイン・ランニング祭り2016」は怪我などのトラブルもなく終えることができました。チーム毎に参加者数こそ異なりますが、総勢69 組のご参加。大盛況となり、スタッフ一同、心より感謝いたしております。より良い大会作りに取り組んで参りますので、来年もぜひご参加ください!
(文・撮影/三河 賢文)