「第1回横浜ランニングフェスティバル」開催レポート


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年3月19日(土)、横浜市みなとみらいの臨海パークにて「第1回横浜ランニングフェスティバル」が開催されました。あいにくの雨天にも関わらず、大勢のランナーが集まり大盛況となった本大会。今回は“フルマラソンリレー”にスポットを当てつつ、その模様をご紹介します。

■雨の中でも続々と集まる多くの参加者

写真 2016-03-19 10 51 30

最寄りのみなとみらい駅には、ランニングシューズを履いた人たちの姿が見られました。しかし残念ながら、当日の空は雨模様。寒さこそないものの、走るのを躊躇してしまう方がいたかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも会場には、実に多くの方々がお集まりくださりました。受付には列ができるほど。運営スタッフも、悪天候を吹き飛ばすほど盛り上がらせようと、気持ちが高まります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受付前の広場には屋根がないのですが、持参したテントを設営する方々の多さに驚きました。皆さん、さすが準備が良いですね!

■スタート!すると天候が・・・!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨が振り続ける中、スタートの時間が近づきます。まずは「1km親子ペアラン」「1.5kmの部」が。そして、リレーと5・10・20kmの部も、誘導スタッフに連れられてスタート地点へと向かっていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コースは1周1.25km。そのため、距離調整の関係からスタート地点が種目によって異なります。出走者はもちろん、応援やリレーのチームメンバーも引き連れてスタート地点へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタートラインに到着し、ランナーは準備OK!…と、ここでなんと奇跡が起こりました。それまで降っていた雨が、スタート時間直前で止んだのです。これにはランナーからも、喜びの声が挙がりました。やっぱり、雨は降らないに越したことがないんですね。雨が止んだことで、ランナーのテンションは一気に上がっていったようです。と同時に、スタッフもまた一安心。これで、思う存分に大会を楽しんでいただけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、いよいよレーススタート!記録を目指して飛び出すランナーから、沿道に手を振りつつ笑顔で走り始めるランナーまで。沿道からは拍手や「頑張れ」などの掛け声が聞こえてきました。

■それぞれの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コース上には、リレーの部とソロの部両方のランナーが入り乱れています。タスキを掛けているのがリレーの部。1人でもチームでも、それぞれに楽しみがあるんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チームでお揃いの仮装を行い、ワイワイと楽しく走っている方。ちゃんと雨対策しているところが凄いですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般チームとファミリーチームは年齢制限がないので、中には子供の姿も。休日に家族でマラソン大会なんて、健康的で良いのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランニングチームでしょうか?お揃いのTシャツでご参加くださった方々もいらっしゃいました。なんとなく、団結感がありますね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やはりレースとなれば、「少しでも順位を上げたい!」と考える方は多いでしょう。同じ部門同士では、デッドヒートが繰り広げられる場面も少なくありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供から大人まで、誰でも好きに楽しめるのがリレーマラソンの魅力。レース中は、たくさんの笑顔に巡り合うことができました。その笑顔を見るだけで、スタッフ一同も嬉しくなってしまいます。

上位入賞を目指すのも良いですが、大会を通じて絆を深めたり、1人では出せないようなタイムを狙ったりすることもできるマラソン大会。皆さん、それぞれに“楽しみ方”を持っているように感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とはいえ、ゴールの喜びは誰でも同じ。達成感に溢れ、皆さん笑顔を見せてくれます。ガッツポーツしたり、仲間でハイタッチしたり。それぞれの全力を尽くしたからこそ、その感動は大きいのでしょう。尚、大会結果は公式ホームページに掲載しております。

■コース上から見られる景色

雨天、そして雲天ではありましたが、コースからはみなとみらいの素晴らしい景色が一望できました。時間とともに雲も少なくなり、少しずつ変化する景色もまた楽しめたのではないでしょうか。

海からの心地良い風を受けながら、走ることだけでなく、そのローケーションも楽しんでいただけていれば嬉しく思います。

「面白そう!」

「出てみたい!」

そんな皆さまは、是非とも次回のご参加をお待ちしております。他の地域でもさまざまな大会を開催中ですので、ご興味のある方は大会ホームページをご覧ください!

(三河 賢文)